FC2ブログ

TSC Work BLOG

九州を拠点に、様々なビジネスコンテンツの創出に奮闘する「TSC社員の活動日記」です。

『システムフォレスト』とは

最初なんでお硬い話から・・・
弊社のお客様のへの対応手法である 『システムフォレスト』 のご紹介記事になります。


この聞いたことのないフレーズを考えたのは、確か4年位前の”ISMS取得”の相談をお客様からいただいた時のことだったと思います。

この頃は”Pマーク”の取得の相談とあわせて情報セキュリティ関連の仕事を多数こなしていた時期であるのですが、企業規模にかかわらず、ほぼすべてのお客様においてその相談内容の基になると思われる自社業務内容とシステムの関連性の把握がなされていませんでした。

確かに、目の前のシステムが正常に稼動して業務が滞りなく進んでいるのですから問題はないのでしょうが・・・私どもアドバイザー(最近はファシリテータと名乗ってます)としては、やはりすごく気になりました。

そこで、「まずはここから」と説明の為に考え出したのが 『システムフォレスト』 という図表です。

システムフォレスト図1-1

簡単にいいますと、ICTシステムの活用の為には、実際の森(フォレスト)の構成と同じように良い土壌、つまり自社業務の確実な分析と把握という運用環境整備が成果という実を収穫する為の絶対条件であるということをお伝えするものなのです。

どのような会社の担当者様でもわかりきっていることと思われるでしょう。しかしながらこの環境の把握、専門に多大な時間を費やして行えばどなたでにも行えるものですが、通常の業務に追われてしまいますとその継続はなかなか難しく、日々新しい取り組みをなされる一般の会社様においては、もしかすると、すべてを把握されている経営者様でもすこしだけご不安になられるのではないでしょうか・・・

 私のつたない経験からですが、どんなに新しく・素晴らしい業務システムやセキュリティシステムを導入されましても、この土壌の生成がなされなければ導入目的の達成は難しいと思います。逆にこの土壌さえあればどんなに古く・つたなく・安価なシステムでも十分な成果は得れるという事なのですが。
 
 弊社ではこのような運用環境の把握を、定期的に行う業務 『システム顧問』 を”OnYourSide”の精神で、お客様の一員としてご提供しています。

あっ、宣伝になってしまいました・・・w


by だいちゃん







スポンサーサイト



テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス